スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病理解剖 

主人が入院してたのは大学病院だったので、病理解剖をお願いされました。

主人の体が傷つけられるのは嫌だったけど、今後の治療の参考になるならと承諾しました。

人のためになりたい、といつも思っていた主人なら、きっとこうしただろうと思うから。

ご両親は本当は嫌だったかもしれないけど、理解してくれました。


解剖の結果は、

髄外に白血病の病変は見つかったが、再々発時のPETーCTと比較すると、明らかに数も減り大きさも小さくなっていました。

化学療法とGVHDで、ある程度コントロールできてたと思われます。


一方で、消化管や肝臓へのGVHDが見られ、これが体調が悪化した原因でした。

肝機能の低下や黄疸は、GVHDとマイロターグ投与による肝静脈閉塞症でした。


GVHDのコントロールが今後の課題、とのことです。


また、最後は免疫が落ちていたため敗血症となり、これが直接的な原因とのことでした。
だからあんなに高熱が出ていたのね…。




主人は最後の最後まで、生きるために白血病と闘っていました。

白血病には、あと少しで勝てたと思います。
白血病の病変は減っていたのだから。
少なくても負けてはなかった。


でも、長い闘いで、体が疲れちゃったんだろうな。




よく頑張ったね

おつかれさま





主人の闘いが、今後の治療に役立つこと、

そして白血病で命を落とす人がいなくなることを
主人とともに願っています。




世界が平和でありますように。

このブログを見た方が幸せでありますように。

主人が安らかでありますように。


westの妻

スポンサーサイト

2012年3月 

3月3日、病院から電話。
血圧が低下していて危険な状態とのこと。

ちょうど面会に来ていた主人の兄弟と駆けつけました。

主人は目も開いてて話もできる状態。
むしろ今までよりもしっかりしているようでした。

このまま良くなるんじゃないかと思えるようでした。


でも、次の日はさらに血圧が低く、熱も出てしまいました。

それでも、主人はなんとか話せる状態。
やっぱりここ数日より良くなってる気がする。

駆けつけた主人のご両親と、いろいろ話をしたあと、主人は眠りにつきました。

とてもよく眠っていて、起きたら元気になってるんじゃないか、と祈るような期待をしましたが、数時間後、そのまま永遠の眠りにつきました。

あんなに話せたのは、きっと最後の力を振り絞ったからなんだろうな…



3月4日は、ちょうどJ2リーグの開幕日。
ジェフ千葉の試合をずっと気にしていました。

開幕戦の勝利、眠っていて伝えられませんでした。でも感じ取ったかな?
今年こそJ1に昇格できるといいね。







ありがとう

  1. レンタルHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。