FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院①(2005年11月) 


2005年11月15日(火)

起床は、七時くらいだったと思われる。
思ったよりも眠れた印象。

朝ご飯は、普通に食べ、少し、のんびり。
当時の携帯に、この日の朝の写真が残ってた。
寮から持って帰ってきた、観葉植物の「くわず芋」の写真だった。
2004年2月から育てている観葉植物。寮で枯れさせるのは、絶対に阻止したいと思って、慎重に持って帰ったのである。
今も、実家に置いているが、昨冬を何とか乗り切り(葉が枯れ結構やばかった)、僕が退院した頃には、大きく育った姿を見せてくれた。

九時くらいに病院へ。母、兄、弟と向かう。
診察前に、採血、レントゲン、心電図。

その後、診察。S先生(40代男)は、優しそうな印象。よかった。
すぐに、入院へ。

部屋は、個室でした。部屋に入る前に、手をアルコール消毒し入室。
部屋に入ってから、さらに、ミューズで手洗い。手洗いの仕方を看護婦さんに教えてもらった。

部屋の様子だが、一般的なトイレつき個室。ただ、一つ異なるのは、ベッドが、アイソレーター付きなこと(常駐)。初めて見た。
アイソレーターは、白血病患者の方は、よくご存知であろう、簡易無菌室状態を作るための、空気清浄機。頭のところから、きれいな空気が流れており、お見舞い客などが来た時は、HIGH(風力を強める)にしなければいけない。僕は、基本的に、このアイソレーターの中にいなければ、いけないらしい。トイレは、部屋の中にむき出しにあるわけじゃなく、別空間にあります(これ重要。なぜなら、一ヵ月後の転院時に、無菌室にむき出しのトイレがあり、衝撃を受けるのです)。
あと、七階で景色が良い!いい天気なら、○○橋が見えるのです。この病院、すぐに気に入っちゃいました。
しかも、入院初日に虹が部屋から見える。先行き不透明な自分に光明が差した気がした。

家族は、入院準備をするため、病室を出る。夕方に来るらしい。
この病院は、お見舞いの時間に制限があるらしく、一回二時間までらしい。あと、治療が始まると、家族以外はダメなんだって。厳しいね。

少し、一人の時間。のんびりできると思いきや、マルクの魔の手が迫っていた。

続く

スポンサーサイト

Comments

黒コギさん、ゆきもぐさん、おはようございます。

>黒コギさんのお母様の病棟も眺めがいいんですね。
病人にとって景色は重要です。夜にぼーっと、夜景をみてたりしましたよ。
しかも、虹、見えたんですね。同じような体験をしている人がいて、うれしいです。きっと吉兆ですよ。
レミオロメンが好きな人がいると、うれしくなります。僕は、比較的、古い歌が好きです。もちろん、今も好きですけど。
今日は、「3月9日」。「3月9日」を聴きまくります(笑)

>ゆきもぐさん、ご来場ありがとうございます。
闘病記を書くのって、なかなか大変です。僕は、日記を書きとめていませんでした。残すようで嫌だったんです。だから、今、必死に思い出しながら、書いています。
また、来てください。
今日は、会社休日。昨日の夜から、関東にいます。ゆきもぐさんの近くにいるかも。携帯でネットに接続しているのですが、あとで請求書を見るのが怖いです…

私の母がいる病室も11階なので
眺めがいいです。夜景もきれいです。
しかも、入院した初日に、虹が見えました。
あれから一度も病室から見てませんが、
あの時見た虹は、絶対治るんだって
思わせてくれました。
今も心の支えになっています。
それからブログ名の歌詞、良いですよね。
私も病院に行く時の車内で
レミオロメンを何度も聴いています。
お気に入りは「傘くらげ」と「ドッグイヤー」
です。もちろん「3月9日」も好きです。
「茜空」も良い曲ですよね。

ブログ始められたんですね!お邪魔しに来ました。

僕も告知から数日は凹みまくりで、夢を見ているのではないかと真剣に思いました。
westさんの日記を読んでいて、自分の記憶もよみがえってきます。
お互い治療を乗り越えて、また復帰できてほんとに良かった!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://hitomiwotojireba.blog95.fc2.com/tb.php/10-1b06ba2c

  1. レンタルHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。