スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しています 


2007年10月9日(火)

ブログを放置してしまい、本当にすみませんm(_ _)m
最近、忙しくて、他のブログを巡ることはするのですが、自分のブログには手を付けられない状態でした。
残業も多くなって、風邪がなかなか治らない時期もありましたが、元気にやっています。

今週の金曜日は、移植から一年半経過の骨髄穿刺(マルク)です。
もう、移植から、一年半経過したんですね。正直、そんな気がしないんです。
本当に、病気から開放されたと思えるようになったのは、社会復帰からって感じていて、社会復帰から八ヶ月経とうとしていますから、それぐらいの期間が経過したとは思えるのですけどね。
ただ、移植後に、GVHDで苦しんだりしている人がいる中、本当に順調な経過を辿っているように自分でも思います。
自分が恵まれていることを心に留め、これからも頑張って行きます。

仕事のことで、いろいろと悩むことはあります。
ただ、贅沢な悩みでもあります。

時間をかけて、少しずつ、その悩みを解消できればよいな、と思っています。

また、更新が空くかもしれませんが、ブログ、たまに覗いてやってください。

west

スポンサーサイト

Comments

haruさんへ

ご無沙汰しています。
ご無事に退院できて、本当に良かったです。
入院と伺ってからずっと気になっていましたが、たまにこちらや他のブログでお見かけしては、ほっとしていました。
これから風邪の季節ですから、どうぞお気をつけて下さいね。

westさん、場所をお借りしてすみません。

haruさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

退院できて、よかったです。
内容を聞くと、本当に、医師の判断が冷静で適格だったのでは、と思いました。安易に、ステロイド等を使わなくて良かった。
移植後の免疫の低さは、頭が痛いですね。そして、移植の怖さを実感します。移植後の肺炎は、本当に危険だと思いますから、本当に回復して良かった。
まだ、実例がほとんどない症例からの回復。haruさんの運の強さを示していると思います。
副作用、大変ですが、早い回復を祈っています。

寒くなって来ましたし、また、風邪・インフルエンザの季節です。
お互い、気をつけましょうね。

黒コギさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

最近、寒くなりましたね。

体調管理、気を付けます。

黒コギさんもお気を付けて。

マイペースが重要ですよね。

僕もがんばります!

ご無沙汰していました

westさん、先週ようやく退院しました。

約3ヶ月、、、一つ治まると次から次へ、、、ちょっと参りました。

微熱がでたので、念のため予定外で見ていただきましたが、風邪気味?ということで薬をもらって帰宅、、、その後2日で高熱になり、もう一度外来、、肺に影が、、、、緊急入院です。
当初GVHDが考えられていました。データ的にも感染を疑わせるものがなく、抗生物質も効きません。普通ならここでステロイドとなるはずなのですが、しかし念のため(私の酸素状態がよかったこともあり)気管支肺胞洗浄検査を行ったところ、、、、GVHDが否定され、さらに細菌、も否定され、さらに検査を重ねたところ、あるウィルスだけが引っかかってきました。
これは子供や老人などで毎年流行る流行風邪のウィルスで、これがこんな肺炎を起こすとは日本にはまず例がないそうです。(あったかもしれないけどわからなかった)

ということは、当然確立された治療法はない、と告げられ、外国で研究レベルの治療法を試しました。
が、日本には同じ形態の薬はなく、まったくの手探り状態。

他にもいろいろ試したりして、なんとか肺炎自体は奇跡的に快方の方向へ。

ところが普通の使い方でもでるといわれた或る薬の副作用がでてきてしまい、骨髄抑制が起こりました。
白血球などは100以下、Hgも8くらいで毎日減るばかり、作っていませんでした。PLTも1万台まで落ち込みました。
1日おきに輸血と、グランという感じ。
ドクターも前例がない使い方なので、いつ戻るかまったく検討がつかずでした。せっかくいただいてがんばっていた骨髄をいじめてしまっていたのです。

ようやく、もし輸血や注射するにしても1週間に1度くらいかなあというところに来たので、退院と相成りました。

ドクターからはかなり運が悪い感染といわれ、また助かったのはかなり運がよいとも言われました。
ウィルスは避けようがない、拾わないよう最低限努力していても、かかる時はかかる。もちろんインフルエンザ患者のたくさんいる場所へあえて行くなどは避けてもらいたいが、マスクなどは気休めにすぎない。(ウィルスをもっている相手にしてもらうのは意味がある。が外にいる全員にしてもらうわけにはいかないでしょう)
白血球の数は十分でも、移植後2,3年まではやはり力はなく、ウィルスなどがやってくると、がんばってやっつけようとはするが、兵隊の能力は幼稚園児みたいなもので、すぐ負けてしまう。免疫抑制剤をきっても免疫はすぐには回復しない。ゆっくり時間かけて学習していくんだそうです。

「生きて出られて本当によかったですね」と送り出されました。
まだ午前中はベットにうずもれてますが、徐々に復活して行きたいと思います。
今回、移植の難しさを痛感しました。
ドクターも少なくとも2,3年は決して油断をするなと言ってました。
移植後は移植前の6,7割になれればいい方と思ってくださいとのことでした。

移植後、もうすぐ1年です、、、、
今できることを、、、と思い日々模索しています。

こんにちは!
お仕事お忙しそうですね。
季節の変わり目なので体調には
気をつけてくださいね。
悩みは尽きないものですよね。。。
「焦らず自分のペースで、
時に肩の力を抜く」をモットーに
私も頑張りますね♪

じおんの妻さん、こんばんは。

返事が遅くなってすみません。
妻さんは、別にプレッシャーなんてかけていませんよ。
お気になさらずにv-410
一日一生かー。
難しそうですが、僕は、一日一善を目標にします(笑)

kikoさん、こんばんは。

返事が遅くなって、すみません。
お久しぶりです。
病気って、本人も含め、周囲の人を成長させるところってあると思います。
じゃんじゃん、意思表示しちゃってください。
kikoさんも、お体を大切になさってくださいね。

こん

westさん
なんか、私がプレッシャーかけてたら、すみません。。<m(__)m>
お忙しそうですが、どうぞご自愛ください。
一日一生!・・・でいけたら理想的ですが、息抜きも必要ですね。

こんにちは。

お久しぶりです。

お元気そうでなによりです。
忙しそうですね。
無理しないように!!

悩みも出てきますよね。。。
でも、生きてるからあることで、どんどん欲も出てくるし!       
後悔だけはしないように!!
最近ですが、私が気づいた事。。
口に出さないと、相手に伝わらないって事! 思ってても、何もわかってもらえない。  
言葉に出して初めて、気持ちを理解してもらえる!って事!

だから最近、悩まなくなりました!
主人を看病しながら少し、成長しました。

季節の変わり目です。
風邪など引かれませんように!

 マルクの結果いい報告待ってます。
   



Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://hitomiwotojireba.blog95.fc2.com/tb.php/52-f4403eb8

  1. レンタルHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。